遠隔監視計測警報システム,WEBサービスなら株式会社ジーアイシー

HOME > 事業内容 > 緑化事業

緑化事業|GREENING

green001

緑化基盤材「大山グリーンテフラ」

商品概要

大山グリーンテフラ大山グリーンテフラは、材料の一部に鳥取県の火山灰土を使用した緑化基盤材です。 火山灰土は完全に乾燥すると吸水性があり、また保水性・透水性に優れた土です。 この基盤材は三次元の網状の構造で形状が安定しており、土が流れず水みちができません。 網のような繊維が構造を長期維持するため、内部の土が空気に触れ、植物の根が健全に育ちます。
この構造により屋上緑化だけでなく、基盤材を保持する最低限の資材で垂直に展開でき、壁面・室内緑化など様々な用途に利用可能です。芝が根付いた後には、歩行はもちろんの事、通常の芝生の状態と何ら変わらない利用が可能です。またパネル型ですので風の強い屋上でも土壌飛散の心配はありません。施工は透水・防根シートを布設し、グリーンテフラを並べるだけで、特殊な建設機械も造園技術も要りません。移設やレイアウトの変更も簡単に行える他、イベントなど一時的な利用も可能です。

標準仕様施工図

大山グリーンテフラ|断面イメージ

透水シート 土壌の流出を防ぐ機能と土壌層及び基盤層の過剰な水分をスムーズに排水層へ移行させます。厚さ1.0~2.0mm程度のポリエステル性不織布を布設します。
防根シート 植物の根が防水層に侵入し漏水しないように、あるいは既存建築物のひび割れに進入して損傷を拡大させたり雨漏りの原因と成らないために必要とされています。厚さ0.5~2.0mm程度の強化ポリエチレン性のシートを布設します。
防水シート 「雨漏りしないこと」は建築物の基本的な要求性能であり、それを担うのが”防水シート”です。上記の標準仕様施工図には記していませんが、既存の防水シートの損傷具合により、補修・新設が必要な場合があります。

施工実績

  • 株式会社大丸 神戸店 (兵庫県)
  • 湯梨浜町役場 羽合庁舎(鳥取県)
  • 岸和田市歯科医院 (大阪府)  など

施工手順資料:神戸大丸

大山グリーンテフラ|施工フロー

製品種類

フラットタイプの他にも9穴ポットタイプをご用意しております。
〈セル9穴タイプ諸元表〉
サイズ 330×330×50mm
標準乾燥時重量 800g 標準湿潤時 2900g
最大保水量 4.0リットル/枚 透水係数 0.25cm/秒

植栽

 

製品種類

大山グリーンテフラを使えば、本物の植物を用いた装飾が比較的簡単に行えます。 イベントや展示会の壁面装飾に最適です。


Copyright © 株式会社ジーアイシー All rights reserved.